メニュー

会社の歩み

OUTLINE

HOME » 企業情報 » 会社の歩み

会社の歩み

健康食品事業

昭和55年4月

日本製粉(株)小麦胚芽油「ハイガッツE」
カプセル・テーブルオイルの販売を始める

昭和56年7月

日本製粉(株)が大阪市東区(現中央区)に、
日本デイリーへルス(株)を設立する。資本金1,000万円

昭和61年10月

クロレラ「緑陽珠」の販売開始

平成3年4月

(株)アサバ研究所に70%資本参加、資本金4,500万円
(株)粧光に100%資本参加、資本金500万円
本社所在地を大阪市西区京町堀(現大阪営業部)に移す

平成3年11月

「モア&モア」シリーズの販売開始

平成5年4月

本社所在地を大阪市から東京都渋谷区に移す

平成7年4月

資本金を1,500万円に増資

平成8年4月

「いちょう葉エキス」を発売

平成8年9月

「ブルーベリーエキス粒」を発売

平成10年7月

「マイタケ」シリーズの販売開始

平成14年4月

「小麦若葉」の販売開始

平成14年4月

健康食品事業(日本デイリーヘルス(株))と化粧品事業(アサバ化粧品(株)、(株)アサバ研究所)を経営統合

平成17年10月

「アマニシリーズ」販売開始

平成24年4月

「国産大麦若葉青汁」販売開始

平成26年12月

機能性表示食品「アマニオイルミニパック」販売開始

令和元年8月

機能性表示食品「アマニ習慣」、
「いちょう葉&ルテイン」販売開始

令和元年11月

ニップンライフイノベーション株式会社に社名変更

化粧品事業

昭和51年5月

(株)アサバ研究所設立、資本金4,500万円。
ヘチマやキュウリ、椿油などを原料とする自然化粧品の研究・開発を開始。

昭和52年6月

(株)アサバ研究所が化粧品製造業の許可を取得。

昭和54年8月

(株)アサバ研究所がが医薬部外品製造業の許可を取得。
(株)粧光設立、資本金300万円。
自然食品、健康食品、植物性自然化粧品を、自然食品問屋に向けて卸売を開始。

昭和56年5月

(株)粧光が資本金を500万円に増資

昭和59年9月

(株)アサバ研究所と(株)粧光がタイアップして、無農薬・有機栽培のヘチマやキュウリ、椿油を原料にした植物性自然派化粧品 「アサバ」ブランドを発売。

平成61年10月

天然ハーブエキスを中心に、大豆レシチンで乳化した高級化粧品「ミズフィール」シリーズの販売開始。

平成3年4月

化粧品製造会社(株)アサバ研究所および化粧品販売会社(株)粧光(後のアサバ化粧品(株))が、日本製粉グループに所属する

平成5年4月

(株)粧光がアサバ化粧品(株)に社名変更。
本社所在地を大阪市から東京都渋谷区に移す。

平成7年4月

アサバ化粧品(株)が資本金を1,000万円に増資

平成9年7月

小麦セラミドを使用した「セラインシャンプー」を発売

平成13年4月

「ティアセア」シリーズの販売開始

平成14年2月

「アサバ クレンジングホワイト」の販売開始

平成14年4月

健康食品事業(日本デイリーヘルス(株))と化粧品事業(アサバ化粧品(株)、(株)アサバ研究所)を経営統合

平成18年3月

機能性化粧品「アゲノシリーズ」販売開始

平成29年2月

「セラインスティム シリーズ」販売開始

令和元年11月

ニップンライフイノベーション株式会社に社名変更

  • ニップンのアマニ
  • 日本アマニ協会
  • ニップン健康通販
  • 日本製粉株式会社
ページの先頭へ